hkkkjsx001030

ブラジル人の男性が経営している小さな洋服店で、知人の紹介で働いていました。

基本的に彼が1人で店の切り盛りをしていて、私が週5程度でバイトとしてお手伝いしてました。

そんなにお客さんが多いわけでも無いし、店長自体真面目に働いて無かったので、私も働きはじめの頃から楽しく働けていました。
でも一つだけ気になってる事があって、
ボディータッチが異常に多い。

朝の挨拶は必ずハグ、横に並ぶとすぐ肩や腰に手を回す、とにかくすぐ触ろうとしてくる。

気になっていたけど、店長だし嫌がる素振りをしたら失礼かな?とか、外人さんだから。って思って抵抗せず受け入れていました。

でもある日、店長の機嫌が悪い日があって店内の空気が悪く、私は内心ビクビクしてレジカウンターで作業をしていたら

店長が何も言わず真横に来て私の方を見ているのを感じました。
私は気まずかったので、気付いてないフリをして黙々と作業をしていたら
腰の辺りに何か硬いものを押し付けられていて、
チラッと見たら
店長が股間を私の腰に押し当てていました。

私がそのまま動けないで俯いていると、店長は何も無かったかのように店の裏に入っていきました。

その日から店長からのセクハラがスタート。

お尻を触る、胸を触る、スカートを捲られる、股間を腰やお尻に押し当てる、
好き放題されてました。

数日間もう私が耐えられず、辞めます!って店長に言いに行ったら
そのまま休憩室で押し倒され無理矢理に犯されました。

抵抗はしました。でも力が凄くてどうにもなりませんでした。

…って言うのは建前で、本当のところ気持ち良かった。

凄く大きなアレで激しく突かれて何度も絶頂を迎え、何度も意識が飛びそうになる程。

まだ開店準備もしてない店の休憩室で、朝から犯され気付けば時間は夕方。

自ら抱きつき、腰を振って快感を求めていました。

生で奥深くまで太いので突かれ、自ら中出しを求めて
何度も中に大量に出して貰いました。

後先の事など考えられないほど気持ち良かった。

最後店長に、溢れ出でいる精子を体内からかき出して貰い
店を辞めるのを撤回し、
また次の日からこの店で働いていました。

それからは毎日のようにHをしながら。

さすがに毎日のように中出しをしていたので
半年近く経った時に妊娠しましたが、
彼との結婚は考えられなかったので、堕胎費用を貰い堕ろしました。

その後はピルを服用しながら彼との中出しHを楽しんでいましたが、2年近く経った時にまた妊娠したので
堕胎費用を貰い彼との関係を絶ちました。