c013

ニューヨークに留学してた時に、よく友達とクラブに行って踊ったりしていました。


クラブでは沢山の男に声を掛けられるのは日常茶飯事。

タイプの人にナンパされたら、その人の部屋や自分の部屋やクラブのトイレでHをします。


黒人が苦手で白人としかやった事が無かったのですが、ある日一人で暇つぶしにクラブで踊っていました。
いつもの様にミニスカートを履いて踊っていると、急にお尻を触られて、あっという間にパンツの中に手を入れてきた。

その時点で大きくてゴツイ手だなぁ!と興奮しました。


そのまま後ろを振り向くことなく、クリをいじられながら踊るフリをしながら感じていました。

次第に胸も生で触ってきて、私が喘ぎ始めるとパンツを破かれ太い指をマンコに突っ込み掻き回された。

今までに経験したことが無いほど指でかなり満足した。


指でイッた後振り向き、その時始めて黒人だったことに気付いた!
一瞬戸惑ったけど、このまま最後までイキたかったのでクラブのトイレに二人で行った。


しかしトイレの個室は他のカップルが使用中で一つも空いてなくて、どうする?って聞こうとしたら
壁に押しつけられ激しいキスをされながら、大きくなったチンコを押しつけてきた。


ちょうど私のお腹の高さにチンコが当たり、尋常じゃない大きさでビックリした!!
相手の股関を見てみると、大き過ぎてズボンから先が出ていました。


私がズボンを脱がしてフェラをしようとしても先しか口に入らず、頑張って奥まで入れようとすると、飲んだ酒を吐きそうになった。


フェラを諦めると、わたしの片足を持ち上げ2リットルのペットボトル位の長さねチンコをゆっくり入れてきた。

大き過ぎて痛かったから「痛い痛い」と叫んだら、マンコに唾を付けてもう一度挿入してゆっくり動かしてくれた。


段々痛みが快感に変わってきて、動きも早くなってくると頭が真っ白になり何度もイってしまいました。


相手がイった後我に返ると、沢山のギャラリーに気付きすごく恥ずかしかったです。


でもこの黒人(グレン)とはその後連絡先を交換して時々会ってHをしていました。



一回中出しされた時にすごい量の精子がドロドロ出てきた。

妊娠が怖かったけどマンコの中で沢山の精子がドッと出る瞬間が最高に気持ち良くて、その時理性が飛んで、どうにでもなれ!って感じで中出しOKで遊びまくった。


その時の私は、妊娠しても堕ろせば良い。

堕ろす迄の間中出しされても良いという考えでした…


グレンに複数の黒人としたい!と言うと、三人の黒人を連れて来てくれて5Pをしました。

全部中出しで強引なプレイでした。

犯された気分になり、1人3回以上はヤっていたので、終わった後マンコから精子が大量にずっと流れてました。

1日中犯されていたので、半日くらい動けませんでした…


文章が下手でゴメンナサイ。

でも黒人の巨根にハマっちゃいました!