00300
我が友人の秀樹は一度だけ、アナルセックスの経験がある


某貿易会社に勤めていた30歳の時のことだ

台湾に出張し、仕入先から夜の接待を受けた

最後はお決まりのコースとして、女をあてがわれた

東南アジアでは、数人の女を連れてきて、気に入った相手を選ばせる

細め、太め、背の高い子、低い子、年増、ロリータ

好みというのは、人それぞれだ

秀樹は少し背の高い、エキゾチックな子を選んだ

色気溢れるハスキーな声にひかれたのだ

 

ナイトクラブを抱きあうように出た二人は、手を上げてタクシーを止めた

 

ホテルまで行くのを待ちきれず秀樹は、女のスカートに手を伸ばし、ショーツを探った

パシッ、その手を女に叩かれ、意気消沈した秀樹だったが、女が彼のズボンのファスナーを下ろし、一物を引っ張り出して尺八をしてくれたので、気を取り直した

 

ホテルの部屋に入っても、彼女は秀樹の肉棒を吸い続けた

二人は生まれたままの姿で抱き合った

突然、彼女は秀樹の上に乗り、背中を向け、肉棒をつかんで、ぐぐっと穴に入れた

狭い穴が、秀樹の肉棒をきつく締め付けた

「ああっ

これは

彼は異常に気づいたが、もう遅かった

秀樹は生まれて初めて、菊の御門を味わった

そういえば、彼女はタオルを前にあてがって自分の性器を隠していた

それに部屋も暗かったではないか

 

激しいピストン運動が、秀樹の上で続けられた

今まで味わったことの無い快感が彼を襲った

そして、5分と持たずに秀樹は精を噴出した

ぐったりと、俯きに横たわる秀樹に次の試練が待ち受けていた

 

そのお釜は秀樹のアナルに、用意していたゼリーをたっぷり塗りつけ、いきり立った肉棒を押し込んできたのだ

メリメリ、ずりっ

これも秀樹にとって初体験であった

彼は哀れにも、お釜にお釜を掘られたのだ

 

しかし本当の悲劇は、帰国してからだった

お釜事件から一週間後

杖を突きながら、泌尿器科と肛門科に通う秀樹がいた

病名は淋病と、切れ痔であった

彼は妻にも同衾を拒まれ、半年間は淋しい生活を送った

それ以来、彼の前でアナルセックスという言葉は禁句となったのである

尚、この話は実話であり、有名な話であるから、個人の名誉のため、一字だけ名前を変えさせてもらった