00443
俺が大学1年の時、

アパートの隣の部屋に、同年代の女の子が引っ越してきた。


引っ越しの挨拶に来てくれた時から可愛い子だなとは思ったが、

なんか日本語が辿々しいし、ハーフみたいな子だなと思っていたら、

コスタリカからの留学生だった。


お母さんが日本人ということで、

日本語の勉強をしにきたとのことだったが、

最初の挨拶以降はたまに朝学校に行くときに顔を合わせる程度だった。
ある時、学校から帰ってくると、

アパートの前で彼女に声をかけられた。

彼女の自転車のチェーンが外れてしまい、

買い物に行けないとのことで、

その場で自転車をなおしてあげると、

その日の夜、彼女はお礼といってビールを買ってきてくれた。


せっかくだから二人で飲もうと誘い、

俺の部屋で飲んだのをきっかけに仲良くなり、

それからお互いに酒を持ち寄って

お互いの部屋を行き来するようになった。









彼女の部屋は必要最低限の家電などしかなく、
同じ間取りとは思えないくらい広々していて、

まったく俺を警戒していないらしく、

部屋には下着が干しっぱなしで、

時々彼女の目を盗んでは拝借していったこともあった。


彼女はコスタリカ出身だからか、酔うとノリがよく、

ベタベタとボディタッチをしてくるので、

何回か飲んでるうちに俺もかわまず彼女のオッパイを揉んだり

キスをしたり、彼女もノリノリでフェラなんかしてきて、

その当時、童貞だった俺のチンポでは

耐えきれないほど強烈なバキュームで、

あまりの気持ちよさに昇天させられまくった。


経験がなかったのでその日まだエッチはしなかったが

そのうちだんだんとエスカレートし、

酔った勢いで童貞卒業させてもらった。


彼女は経験があったらしく、色々教えてくれて

バックで突かれるのが好きらしく、

自ら四つん這いになってマンコを突き出してくるので突いてやると

「オゥ~オ~ゥ」と外国人AVみたいな喘ぎ声で、

声がデカく絶対階下の住民から苦情くるんじゃないかと思い、

毎回ヒヤヒヤしながらも彼女の積極的なセックスに溺れていった。


彼女が「ゴムつけてっていう日以外は付けなくていい」って言うので、

毎回生中だしで楽しませてもらった。


俺が大学を卒業する時、彼女も国に帰ることが決まっていたので

成田に見送りに行き「また会いに来る」と言ってお別れした。


いつ会えるかわからないが今ではいい思い出だ。