gaijin_4440-153s
ユイと休みを合わせ、バリに旅行に行きました。

バリは、ユイの大好きなオイルマッサージ、フラワーバスなどがあり
物価も安いので買い物なども気軽に楽しめました。


共働きなので、普段の疲れをマッサージなどで癒そうといったことが目的です。

せっかくなので泊まるところも、奮発して「ヴィラ」と呼ばれるプライベートプールが付いた部屋にしました。


寒い日本を離れ、着くと南国!一気に開放的になりました。

開放的といえば、ユイは当然エロくなります。

ユイはバリにいる間、一切下着は着けず、常にノーパン、ノーブラです。

でも、日本人や韓国人が多いところでは、恥ずかしいのかサングラスをしてました。


プライベートプールでは裸で泳ぎ、出かけるときは薄手のミニのワンピースです。

青白ストライプ柄はあるもの、近くで見ると乳首が分かる感じです。


観光でウブドやキンタマーニ高原など行くときも、そんな格好で僕がドキドキしました。

なにせツアー客みんなで1台のワンボックスで移動なので、移動の間は近い、しかも日本人も居ます。

乗降りでもスカート丈が短いし・・結局ツアー客とは半日ほど一緒でノーブラに気が付いた人(女性)が
居たんじゃ無いかと思います。
ツアーが終わりホテルに帰ってきたら、二人ともすぐ裸になり、ベットやソファーで何度も
何度もセックスしました。

一日、我慢していたオマンコは中までグジュグジュで舐める必要がないぐらい汁が出ています。

そういうときには、荒々しく指で、Gスポットをほじくり返してやると、「オマンコでいくー」と
叫んで、すぐにいきます。

すぐに「オチンチンがほしい」とねだるので一気に奥まで突っ込むと、また足を伸ばしていってしまいます。


その後2回ぐらい逝かせてやると、満足したのか「好きなところに出して」と言います。


最近は中出しにも飽きてきたので、ユイに飲ませるようにしています。

こうするとユイも肌が
ツヤツヤするし、自分もキンタマに溜め込んでた精子が、彼女の体に吸収されるのがたまりません。


正上位のまま何度も突いた後、口元に持っていくと、パクッと咥えて尿道の精子まで吸いだしてくれます。

当然カリの裏やチンポ全体を舌で「美味しい」と言いながら綺麗に掃除してくれます。


ヴィラではユイはほとんど裸かバスローブ姿でした。

ソファーでバスローブ姿のユイが果物などを食べながら、
足を組みかえると、ドキッとしてしまい(スラっとした細い足がエロチック)、2,3度バスローブの前を開けさせ
そのままセックスしました。

ユイは「明日の予定を・・」といいながらも、毎回足を開いて受け入れてました。


3日目、ホテルにある大型のプールに行くと人がいっぱいでした。

ユイもさすがに裸でプールは無理なので、ホテルで買った緑の生地が小さめのセクシーな水着で登場です。

日本人でこの水着を着てると当然ながら、目立ちます。


僕は、プール横のバーで、偶然話しかけてきたオーストラリアの二人組み男性と知り合いになりました。

片言の英語で理解できたのは

・このホテルに泊まっていて暇。

・名前はスティーブ(背が高い)、ブルース(小柄がっちり)。

・会社の同僚で男二人で来ていてる。

・初日に、肌を焼きすぎてプールで遊ぶのはもう無理。

・日本人の人と話しをするのは3回目で、日本語面白い。

・彼女(ユイ)はチャーミングだ。


たぶん、女性鑑賞も兼ねて来ていたのでしょう。

お酒が入ってたこともあってか、話が盛り上がり、夕飯、海鮮(カニ)のおいしい店に一緒に
いく事になりました。

もうお気づきかと思いますが、今晩もしかしたら・・なんて頭を
よぎったのも事実です。


部屋に戻り、ユイに「あの二人とならどっちとセックスしたい?」とストレートに聞くと
「えー・・見た目は背の高い人」とユイもまんざらではない様なので今晩誘ってみること
にしました。

ユイも少し意識して、部屋を片付けたりしてました。


夕飯は、4人でタクシーに乗り、クタの町まで行きました。

スティーブが前に乗り
残り3人は後ろに乗り込みました。

ブルースと僕が彼女を挟んでいます。


この時も当然ユイは濃紺で前ボタン止めのワンピースしか着ておらず、手を上げると角度に
よっては脇から乳首までもが見えてしまいます。


前も第2ボタンまではずしているので屈むとやはり見えそうです。

ドキドキしながら店に着き、お酒やカニ料理を楽しみました。

話の中で二人とも彼女がいないことも解り、気兼ねなく誘えます(笑

はじめは趣味や日本語の話をしてましたが、外国人も下ネタが嫌いじゃないらしく
女性の局部をなんと言うかといった話まで出てました。

二人がユイの体を指さし、僕が「唇」「胸」「乳首」と言うと「クチヴィル」「ウネ」「チクヴィ」
と真似して言うのが楽しかったです。

いよいよ局部を指差され小声で「オマンコ」と教えると
彼らは「オマンコ」と何度も言っていて、ドキドキでした。


ユイがトイレで席をはずした隙に「Do you like she ?」と二人に聞くと
2人とも「yes of course」と言うので

「but she is sukebe」

「sukebe?」

「sukebe is sluty girl」

と必死に調べてきた英語で話しましたが、こんなカタコトでは二人に通じるわけもなく。

とりあえず、最後に「she like sex very much 」など言ったら少し通じたようです。


二人とも少し驚いてましたが、徐々にいやらしい顔になり、興味津々の様子でした。

ユイが席に戻ると下ネタのオンパレードで「二人はちゃんと避妊してるのか?」とか
「今日もSEXしたのか?」「感じる所はどこ?」などとユイがビックリする様な質問してました。


日本語で「例の件話したよ」とユイに伝えると少し納得した様子でした。

彼女がバックからピルを取り出して 彼らに見せ説明すると避妊に関しては理解した様です。

そのまま性感帯などの質問も、ユイに答えさせようと、僕が黙っていると、「ah..make love this morning」と
答え、さらに性感帯は、ユイ自ら唇、耳、胸、乳首付を指差して
最後にオマンコも指差してました。

二人が喜んでさらに「一番の性感帯は?」と突っ込むと
恥かしそうに小声で「オマンコ」と自分のを指差して答えてました。

2人は喜んで舌を出して舐めるようなそぶりを見せ、とても卑猥な感じでした。



スティーブが途中でブラをしてない事に気付いたようで、ユイ胸元を指差し「ブラしてないのかい?」と言うと
「彼女はバカンスでは下着を付けないんだよ」と教えてあげました。

ユイも調子に乗って、服の第三ボタンを外して両胸の間にブラが無いのを見せてました。


盛り上がってきたとき、僕がトイレに行くと、すかさず体験人数や外国人とした事があるかなど絶え間無く質問されたようです。

何十人との経験や長いペニスの外国人とした事を答えると、2人は喜んでいて、眼がギラギラしていたようです。

ユイもバカンスで大胆になっていたのか「日本人の女の体に興味ある?」と聞き、2人がすぐさま頷くと
小声で「オマンコ見たい?」と聞き2人がニンマリしながら頷くと少しして、ユイが机の下を指差しました。

オマンコを見せるのが好きなユイはすでに腰を落とし、ワンピースを、少し捲り上げて、2人に見えるようにしてました。

2人がテーブル下に覗き込むとユイの足が少しずつ開いていきます。

そして足が大きく開かれると片手でオマンコの穴を更に開き
見せました。


ユイはじっとオマンコを見つめられて感じたようです。

2人は僕が席にもどる音が聞こえると
あわてて席に座り、覗き見るのを止めたようでした。


お腹もいっぱいになったので、とりあえずホテルにもどる事になりました。

帰りのタクシーは行きとは異なり僕が前に乗って帰りました。


短めのワンピース一枚で、2人にオマンコまで見せたユイが何もされないはずがありません。

二人は僕にカニ料理の感想や、たわいも無い話しをしていましたが、それはカモフラージュでユイは2人に身体中触られてました。


まず、走り出すと直ぐブルースにワンピースの後ろ部分を捲られ、尻を2人から揉まれたようです。


ユイが声を出さないとティーブとブルースの手が前に延びていきました。

2人は真中に座るユイの足を左右にゆっくり開かせて、足をピンと伸ばされ、そのまま、前の座席の下に入れさせられました。

これでユイの股は開きっぱなしです。

ユイもここまでくると観念したのか、
自分から足が抜けないように、サンダルのかかととつま先を引っ掛け固定したようです。


ユイのバックはいつの間にかブルースの横に置かれ、両手は彼らの腕で動けないようにされいます。

足を大きく開いているのでオマンコの入り口もパックリと開いて無防備状態でした。

そのまま、2人からクリトリスや恥毛を触られて、濡れているオマンコの穴の中まで指が入ってきたようです。

しかも、2人は指が太く、2人の指が同時に膣に入って来るとそれだけでオマンコが大きく左右に開かれてしまいます。

指が動く度に、オマンコの汁が、グシュグシュと音をたててしまい、とても恥ずかしかったようです。

※前に座って居た僕には、車のエンジン音と道路のガタガタ音で聞こえませんでしたが。


2人は後ろの席が薄暗いのをいいことに大胆になってきます。

初めは、服の上から胸を揉まれていましたが、途中でワンピースの肩に掛かる部分を二の腕ぐらいまで下ろされました。

ユイを前から見ると辛うじて布で乳が隠れるぐらいの感じですが、横に居る2人からは、ビンビンにとんがった乳首が
丸見えです。


また、2人は協力していて、僕にスティーブが話し掛けているときは、ブルースがユイの耳元で
「your pussy fucking now」(今、君のプッシーを犯しているよ)と囁き
逆にブルースが僕と話しているときは、スティーブから「bitch you like it?」(ビッチこういうのが好きか?)
と言わたようです。

二人の指マン感じていたので「Yes...Yes... 」と小声で返事できなかったようです。


この行為は、タクシーがホテルの門を抜けるまで続いてました。

時間にして15分位でしょうか。

ユイはタクシーの中で2回逝ったようです。

1回目は、ブルースにクリトリスを指でビンビンを弾かれているときに、スティーブの2本の指が
オマンコの穴にズブズブ入ってきて、根元まで突っ込まれた時でした。

タクシーの前の席に居る僕にも「あっ・・逝く・・」というユイの小さい声が聞こえました。


2回目は上と同じようにされている時で、ズブズブと何度もオマンコに突っ込まれた指が
急に膣の中で折れ、ユイのGスポットを刺激します。

感じ始めたユイが「ハァハァ」と言い出すと
ティーブが逝かせようと、空いている手で、ビンビンの乳首を摘み
ブルースもスティーブに合わせて片方の乳首を摘まみました。

ユイの大好きな乳首、クリ、穴の3点攻めで、あっけなく「また・・いく・・いく・・」といかされてました。

ユイがいってビクビクしている時も、2人は交代しながら、膣や胸を触り続けてました。

途中で僕がユイに「ユイはなにが美味しかった?」と聞いても「うん・・うん・・」「そうだね・・」と
しか答えないので「きっと何かされている?」とは思いましたが、わざと気づかないフリをしてました。


タクシーを降りたときユイの服装は戻っていましたが、顔が赤く上気していてました。

「大丈夫?」と聞くと、僕の耳元で「2人にオマンコ触られてた・・」と告白しました。


とりあえず、酔い覚ましに4人でお庭を散歩し、その後2人の泊まっている部屋を見せてもらました。

ヴィラのような広さはないものとても綺麗な部屋でした。

このまま4人でと思いきや・・ユイがお酒と車で逝った(酔った?)せいなのか
「とても疲れて眠い」と言い出しその日は終わりました。


次の日、寝ているユイは置いておいて、ホテルのモーニングに行くと、案の定2人が声を掛けてきました。

※たぶん僕が来るのを待っていたんでしょう。


彼らはユイに悪戯した負い目もあるのか「彼女大丈夫ですか?」と聞いてきました。

「最近は、飲むとあんな感じで問題ない」と説明したのですが、しつこくユイにプレゼントがあると言い出しました。

2人で後で持っていくのでヴィラの番号を聞かれました。

僕から時間は1時間後ぐらいに着てほしいと言いました。

また、昨日は4人でセックスできなかったが今日は、できるかもしれないとも伝えると、やはり二人はニヤニヤして
ました。


僕はモーニングを食べ、すぐに部屋に戻り、2人が来る前に寝てるユイに悪戯をしはじめました。

最初は寝ぼけてたユイですが徐々に感じ始め、気がつくと69の姿でお互いの性器を舐めあってました。

ユイは昨日2人にされた事を僕に言い、僕を興奮させます。

いつもならここで、大きくなったオチンチンを入れるところですが、2人が来るまで69を続けてました。


そして、ベルが鳴り、ユイは「だれ?何?」と驚いた様子でしたが
「昨日の二人がユイにプレゼントしたいって・・・もう来たのか?」と言うと
「えー寝起きで・・服も出してない!」と言うので「いつものバスローブでいいんじゃない?」と
答えると、ユイは「頭だけクシで綺麗にする~」言ってバスルームに消えました。

短パンTシャツに着替えた僕は2人を招き入れました。

しばらくして、ユイも指示通りバスローブ姿で現れました。


2人は部屋が大きいとかプールがあることを褒めてましたが、ユイの姿をみたら目が釘づけです。

ユイは恥ずかしそうにしてましたが、2人からアロマオイルや高そうなソープを貰い、満足げです。


スティーブが急にプールで泳いでも良いか?と言われ「どうぞ」と答えると
ブルースも「俺も泳ぐ」と言い出していきなり2人が脱ぎだしました。


この時みたスティーブ、ブルースのペニスはやはり外人サイズで大きかったです。

特にスティーブのは長さがあり、ブルースは長くはないが大きいカリの物でした。


ユイが「キャー」とかいいながらしっかりチェックしていたのは言うまでもありません。

彼らがプールに入ると僕も裸になり、同じくプールに向かいました。

ユイも僕を追うようにプール横まで来たのですが、さすがにバスローブを脱ぐのは
躊躇しています。


彼らもに「come on」と言われると、「私も裸で?」と僕に聞いてる感じでした。

日本語で「どうせ、昨日、触られてるんだろ」と言うとユイも決心がついたのか、一気に
バスローブを脱ぎ、惜しげもなく体を晒しました。


しばらくすると、恥ずかしさも無くなったのか胸も隠さず、堂々としたものです。

ユイは彼らのペニスを見て何度も「おっきいね(笑」とうれしそうに言ってました。


ユイがプールから上がるとまたバスローブを着ようとしてましたが「着なくて良いよ」と僕に言われ
「エッチ!」と一言言っただけで、裸のままテラスの椅子に腰掛けてました。


ユイもすこしHモードになってきて、自分の体を2人に見せ付けてるようです。

僕もプールから上がり、ユイの横に座りました。

2人はユイの体を見ながら僕ら二人が
セックスを始めるのを待っています。


彼らには1回僕が彼女とセックスしたら、後はユイと何度でもセックスしていいと言ってあります。


僕は、テラスの椅子に座っているユイの口元に半立ちしたペニスを持っていきました。

ユイは恥ずかしそうに「2人が見てるよ・」と言っただけで、いつものようにしゃぶり始めました。


2人に見られながら、外でしゃぶらせるのは最高に気持ちが良かったです。

ユイも興奮して、袋から竿をジュボジュボとしゃぶります。

両手でユイの胸を刺激すると、「アン・・アアァ」と声を出します。


気がつくとユイも片手は自分のクリトリスやオマンコ全体を刺激しています。

ユイのオナニーを見て、プールの中から「Wow」と声をかけてきます。

ユイも二人に見せ付けるようにオマンコに出し入れする指を1本から3本にまで増やして
いきました。

それを見て

僕「もう入れてほしい?」
ユイ「うん・・入れて・・」頬がすこし赤くなり興奮気味です。


僕はユイをつれてプール横にあるリクライニングできる方に移動しました。

ユイが仰向け(正上位)で寝転び、見せ付けるように大きく股を開きます。

両手でオマンコをパックリと開き、全部丸見えです。

既にオナニーで出た白い本気汁が付いていて、中はドロドロです。


2人が見ている前で、僕はいきなり深くまで突っ込みました。

ユイもすごく興奮し両手で足を抱え大きく開いき「あん、いい、いい、感じる」と喘いでいます。


プールに居た二人が、いつの間にか、よく見える位置まで近づいています。

しかもさっきよりも大きくなったペニスをぶら下げ、自分でしごいています。


大好きな言葉攻めの開始です。


僕「俺と終わったら、この2人とユイはセックスするんだよ」
ユイ「○○のエッチ・・そんなに私が2人とセックスするの見たいの?・・アァン・・」
僕「・・・見たいよ、いっぱいやられてるの見たい」
ユイ「アン、変態・・・そんなに見たいなら・・後でいっぱいセックスするの見せてあげる・・」
僕「変態でいいよ・・ねえ「私が他の男とセックスするの見て」って言ってよ」
ユイ「アァ・・ほんとに変態・・アン・・・・「ユイが○○以外とセックスするの見て」」
僕「もっと言ってみて・・エロビデオみたいで・・すごく興奮する」
ユイ「アン・・本当?「私が外人とセックスするところ・・よく見てて」「目の前で、外人とセックスしちゃうよ」・・「私がセックスする所、いっぱい見せてあげる」
僕「もっともっと、興奮させてよ・・・・ユイのピルが効かないかもよ・・」
ユイ「えーそいえばちゃんと朝・・飲んでない・・・・アァ・・「外人のオチンチンに・・・中だしされちゃう・・」・・「それで2人に・・いっぱいオマンコされて・・受精しそう・・」
・・アァ・・「外人の精子で・・この後孕んじゃうよ・・」
僕「エロいな~2人に日本人女のオマンコを経験させてやるんだろ?」
ユイ「アンアン・・うん・・私のオマンコ・日本人のやらしいオマンコを好きに使ってもらうの・・アン」
僕「フェラもしたら気に入られるよ」
ユイ「アァン・・本当?・・フェラも・・アン・・いっぱいしちゃうよ」
僕「お口もオマンコもチンポでいっぱいにしてもらいうんだよ」
ユイ「アァ・・エッチ・・あんな大きいの入れたユイ緩くなっちゃう・・」
僕「帰るころには、ユルマンだね・・」
ユイ「も~う・・ユルくなっていいの?・・・」
僕「いいんだよ・・いっぱいズボズボしてもらいな」
ユイ「うん・・ズボズボされちゃう・・ズボズボされていっちゃうんだから」
僕「2人とも中出ししてもらうんだぞ~」
ユイ「うん・・中にいっぱい出してもらう・・・アン・・」
僕「ユイは中出し好きでピル飲んでるんだろ~」
ユイ「違うでしょ~、避妊のためでしょ・・アァ、いい」
僕「本当は気持ちいいからなの知ってるよ」
ユイ「ヤァン・・○○も生だと気持ちいいでしょ・・」
僕「ふー、2人のザーメンがここに出ると思うといきそう・・」
ユイ「アン・・アン・・・・・ザーメンオマンコにいっぱい出してもらうよ・・」
僕「あの太いチンポで喘ぐんだろ」
ユイ「・・アン・・喘ぐの・・喘いで・・いっぱい声出ちゃう・・」
僕「何発も出されちゃうね」
ユイ「ア~ン・・エッチなことばかり言うのね・・もういっちゃいそう・・」
僕「俺もいくよ・・中に出すよ・・いくよ」
ユイ「イクイク・・出して・・オマンコでイク~」

僕がいくと2人の出番です。

中だしされて、ヒクヒクしているユイをスティーブが抱え
寝室のベットへ連れて行きます。


彼らのセックスは初め僕に気を使ってか大人しかったのですが、さすが外人で徐々に激しくなり
ユイの体を遠慮なく使っています。

見てて興奮したプレイはユイを四つんばいにすると
スティーブがバックで挿入し、激しく突きながらユイの尻を「パンパン」と叩いています。


叩かれるたびにユイは甲高い声で「イイ・イイ」と喘ぎます。

スティーブも「YES、YES」と
言いながら続けます。

途中で
ユイ「アァン○○・・これが見たいんでしょ・・他の人とセックスしてるよ」「このオチンチン気持ちいい・・本当に受精しちゃうよ・・」と言い
スティーブへも「いっぱいして~・・オマンコで出していいから・・ユイ妊娠しちゃう・・アアァ・・」と叫んでいます。


外人2人からしてみると、単にリゾート先で見つけた性処理女でしかないのですが、ユイが感度がいいので楽しんでいます。


そのうち、スティーブの発射が近くなると、興奮しいるユイの髪を後ろから束ねて掴み、まるで馬の
手綱のようにしています。


ユイも頭を起されながら、雌馬のように「ア~ン・・イクイクイク」といってました。

ユイがいってもそのまま「Fuck Bitch」と言いながら突きまくります。

すると1分もしないうちに
ユイが「またイク・・またイクの・・イク~イク~」と叫びいってしまいました。

スティーブもそのまま中で出し満足そうにVサインをしてました。