3
私は二人の外国人男性とお付き合いした経験があります

一人の男性はオーストリア人、

もう一人はカナダ人(本人曰くギリシャの血が入っているとの事)そんな二人のセックスはとても対照的なものでした

まず、

オーストリア人とのセックスですが、

彼だけなのかオーストリアラリア人男性が全体的にそうなのかわかりませんが、

前戯にあまり時間をかけないのです
胸を揉んだり舐めたりはしてきますが、




それも少しだけで基本的には指で膣の中をいじくって、

少し濡れてくると自分のペニスに唾をつけて挿入してこようとします


こちらはまだまだ体が感じていないので、

もう少し興奮させて欲しいなーと思いますが、

何となくそれも言い出しにくくて、

彼のやり方に任せていました

ペニスは先細りでカリと竿の境目がなだらかな形をしています

大きさは外国人なのでトイレットペーパーの芯ぐらいはありました

触った感触は弾力性があってかなり大きいですが、

日本人より柔らかいので入らない事はないかなと言った感じです


オーストリア人男性は前戯が不十分な状態でも挿入したがるので、

こちらもあまり濡れていない状態で受け入れる為に、

少し腰を浮かせて相手が挿入しやすい状態を作ります

それでも、

すんなりとは挿入できないので、

何度か出し入れしながら膣を押し広げて行きます

時間をかけてピストンを繰り返してもらうと、

何とか挿入はできますが、

さすがに太くて全ては入り切らなかったですね

ペニスが太いのでGスポットにあたる気持ち良さはありますが、

奥までは入りきらず少し物足りない感じがありました


カナダ人の場合、

ちょっと変わっていてフェラチオさせた後に、

ペニスの先で私のアソコをぐるぐるとまさぐってきて、

なかなか挿入してくれません

そして、

こちらが我慢できなくなってくると、

必ずバックから挿入したがるのですが、

ペニスの硬さが柔らかくて、

挿入しようとすると、

どうしてもグニャリとしてしまうんです

やはりオーストリアの男性と同じで、

太くて弾力があるせいでなかなか挿入できないんです

しかし、

カナダ人男性は結構テクニシャンでクリトリスを刺激しながら挿入してきたり、

キスしながら気分を盛り上げてくれたので、

しっかりと濡れてオーストリア人男性よりもすんなりと挿入してもらえました


ペニスだけで言えば、

多分日本人男性の方が外国人程太くはありませんが、

硬さはしっかりとあって、

長さも丁度良いので日本人女性の狭い膣のサイズに合っているのかもしれません

外国人男性は、

挿入してからの時間がとても長く、

なかなかイカないので、

こちらもしっかりと体力をつけないと応戦できません

日本人男性の場合挿入するまでの時間をしっかりと前戯しますが、

外国人の場合は挿入してからの方が大事みたいですね


外国人男性のペニスを、

日本人がすんなりと受け入れるには、

アソコがしっかり濡れている事と、

ある程度太いペニスの男性とのセックスに馴れている必用がありそうです