00124


先日留学生のお客さんが店にきました

(国名は控えさせて頂きます


その子は日本に来て1年ほどになるらしく、現在はお姉さんの所で一緒に住んでいるのですが、
友達と一緒に住もうと言うことになって部屋を探しに来ました


初日は友達と二人で来て、いろいろ条件の話をして該当物件が無いので帰らせました



そして数日後に電話を掛け一つだけ良い物件があるので見ようと言うことで呼び出しました


留学生なので時間に限りがあるので、夜に見に行くことになりました
その当日は一人だけで来ました

しかも可愛い方の子だけが!!

私は喜んで、部屋を見せに行きました

時間は夜の9時


中にはいると、当然真っ暗です


外からのライトが入りますが、ほとんど見えません


二人でぶつかりながら、中を探索します


ぶつかった時に彼女の胸を触りました


その胸の大きいこと!!聞くとなんとFカップだそうです


その日の彼女の服装はミニスカートにTシャツです


その中にブラだけのFカップのおっぱい

こりゃたまりません


暗がりを良いことに何度もおっぱいめがけてぶつかり、ぶつかるたびに揉む、それを繰り
返していました


最後は後ろから抱きついて揉み上げました


彼女は全然逃げようとしないので、そのまま揉み続けました


彼女の口から「アァァ」と声が漏れだしています


一気にTシャツを脱がせ、ブラをはずしました


暗がりなのでよく見えませんでしたが、振り向かせた時の反動で揺れています


よく見ると乳首も小さく、たっていました


そのままFカップの胸に顔を埋め、舐め始めました


乳首を舌で転がし、吸い付き、手で揉む


彼女の体がガクガク震え出します

かなり感じだした様子


彼女を立たせたまま、自分はひざまずき彼女のスカートを捲り上げます


ハイレグっぽいスケスケパンティが現れました

(暗くて見えない


そのままパンティを脱がせポケットに入れ、足を広げさせました


彼女の足はガクガク震えたままです


オメコに顔を埋めクリトリスを探し舐めます


その瞬間彼女は床に座り込んでしまいました


たどたどしい日本語で「力が入らない」と


私はブレーカーを付けて、電気を付けました


(実は知っていましたが、初めからつける気など全くなかったのです


彼女はスカートだけの自分の姿に急に恥ずかしくなったのか体を隠します


自分は服を全部脱いで素っ裸になりデジカメをカバンから出しました


彼女に近づき口の中にちんちんを押し込みました


嫌がる彼女に無理矢理突っ込む

彼女に上を向かせ、それを上から撮影


びっくりした彼女に噛まれてしまいました

(痛かった


彼女を床に寝かせ、両手・両足を思いっきり開かせ、隅々まで撮影しました


そして、彼女のオメコのアップ写真


彼女のオメコはびっしょりで光っていました


ほとんど使われていないピンクのオメコが綺麗でした


体は細いのですが肉付きがよく、オメコもプヨプヨしていました


陰毛も薄くほとんど無毛に近い


今度は自分の指で広げさせて、中を撮影


指で開いた瞬間中からドロドロと溢れてくる愛液

すでに淫乱モード


カメラを置き溢れた愛液を舐める

少ししょっぱい


クリトリスを剥き出して舐める

彼女の口から「アッ、アァァァ」と声が漏れる


普段は純情そうな顔をしてる子が、乱れる姿は良い物ですね!!
そのままずっと舐めていると、彼女はイッテしまった

腰をクネクネ振りながら


今度は四つん這いにして、バックから挿入


まだ使い込まれてないオメコは抜群の締まり具合


お尻を指先で撫でる

お尻に力が入り、オメコと一緒にヒクヒクと引き締まる


たまらなく気持ちいい!!突かなくても気持ち良かった


そのまま彼女のお尻をずっと撫でていると、彼女の上半身が崩れるように床に伏せてしまった


下半身はヒクヒクしたまま


腰も振らずにそのまま彼女のお尻を撫でたり、おっぱいを揉んで楽しんでいました


片手でおっぱいを揉みながら、残りの手でクリトリスを弄る


するとまた彼女が激しく感じだした

胸を激しく揉みしだき、クリトリスを弄くっている

と彼女はイッテしまった


挿入してから、まだ一突きもしていないのに


一度抜いて彼女のオメコに指を突っ込んでたっぷりの愛液を指につけた


そしてもう一度挿入

そのまま指をアナルに擦りつける


ヌルヌル感が彼女を刺激して、お尻を上下に振る


その時彼女の中に入っているちんちんが擦れた

彼女はアナルの指とちんちんの擦れで更

に激しく悶えだした


自分はじっとしているだけ

彼女が勝手に腰を振る


彼女の腰が振れば振るほど彼女が気持ち良くなり感じていく


自分も気持ち良くなっている


そのまま彼女が腰を振り続け彼女に再び絶頂感が昇ってきたようだ


イッタ瞬間彼女は全身を床に落として、全身で息をしていた


引き締まったまん丸なお尻を再び指先で愛撫する

彼女は力が入らないが踏ん張っている

のがわかる


するといきなり彼女が何かを言い出した

何を言ったかはわからない

多分母国語だろ




するとそのまま失禁してしまった

ピクピク体を震わせながら


その後、彼女を無理矢理立たせ、窓に手を付かせ立ったままバックで挿入


全身を振るわせながら、彼女は感じていた


今にも倒れそうになりながら、必死に立っている


そこにバックから思いっきり突いてやる!!パンパン音を響かせながら突きまくる


イキそうになるのをガマンしながら突き続けた


そして30分ぐらい突き続けて中に大量の精子を流し込んだ


ガマンして出す瞬間はとても気持ちいい!!中に出した後、すぐに抜いて口に突っ込む


まだ完全に出し切っていない精子を彼女の口の中にも出す


ちんちんが敏感になっているので、それもかなり気持ち良かった


残りの精子が彼女の口の中に出された


根本まで綺麗にするように彼女に言うと、彼女は綺麗に舐め尽くした


そして彼女のパンティで床を拭かせて、綺麗に掃除させた


ノーパンの中を覗きながら見ていた


そして会社に帰り、彼女に先程のマンションを借りる手続きを済ませた


学校の先生が保証人になってくれるらしくて、契約に問題なくそこに住めるように手配し



今でも彼女のマンションに時々行き、友達の前で彼女とセックスしています


彼女は友達の前で悶え喘いでいます


友達にはこちらからは手を出さず

無視しながら彼女とセックスに励んでいます


友達は途中でリビングの方に逃げていきますが、多分オナニーしてると思います

私達の

セックスをおかずに

 



---


昨日のことです


ムズムズしていたので、彼女で抜こうと思い行きました


その日は同居人の子がいなく、代わりに同じ学校の留学生の子が遊びに来ていました


私は軽く会釈して座りました


まだ夕食を食べてなかったので、そこで食べました


よく見ると、その友達もなかなかのスタイルでした


食べ終わって、彼女が片付け終わると早速彼女のオメコを弄りだしました


友達の子が横に居たのですが、私は気にせず始めました


すぐに彼女のオメコはビチョビチョ・・・クチュクチュ音を立てています


友達がいるせいか、今日は声を出すのをガマンしています


ブルブル震えながら、耐えていました

その顔がまたたまらなくいい顔です


もともとノーパンなので、指を奥まで突っ込みグチュグチュかき回していました


友達の顔を見るとキョトンとした顔でこちらを見ています


何してんの?って感じで・・・
私は彼女を膝の上に乗せ、挿入・・・彼女に上下させて楽しんでいました


Tシャツを捲り上げノーブラのおっぱいを下から持ち上げるように揉む


彼女から段々声が漏れてきます

ガマンできなくなってきてるようです


奥まで入るたびに声が漏れてきます


彼女に絶頂が訪れたのか、段々激しく上下してきます


おしてとうとう絶頂へ・・・一言声を上げて力無く私にもたれかかってきました


私は挿入したまま、後ろからクリトリスを刺激し出しました


彼女の敏感な体はすぐにクネクネと動きだし、そのままお漏らし・・・
彼女を膝から降ろし、私は立ち上がって友達の前に立ちました


友達も片言の日本語が出来るので、こちらの言っている意味はわかるようでした


私はおちんちんを舐めるように言いました


初めは嫌がっていましたが、私が無理矢理押し込むと観念したのか舐め出しました


経験が少ないのか下手でした・・・気持ち良くなかったので彼女の服をすべて剥ぎ取り浴
槽に投げ込みシャワーでビショビショにしました


これでとりあえずは逃げられないでしょう!!
素っ裸にした友達を四つん這いにして後ろからアナルとオメコを攻めました


まだ、濡れてはいませんでしたが、すぐに愛液を垂らしていました


指で広げると中から大量の愛液がドロドロ出てきます


お尻を指先で撫でるとお尻を振って悶えています


アナルに舌を押し付け舌先を中に少し入れて、レロレロしてみました


友達は絶叫しています

初めての感覚に気がおかしくなってしまったようです


指をオメコに奥まで突っ込んで、中をグチュグチュにかき回しながら、アナルをレロレ
ロ・・・
残りの手でクリトリスを刺激していると、友達は全身をヒクヒクさせながら悶え狂いだ
しました


そのまま続けていると彼女に絶頂感が昇ってきたみたいです


訳のわからない言葉と同時にガクガク震えてイッテしまいました


そのまま続けて3箇所を攻めていたら、またもや訳のわからない言葉を発しお漏らしして
います


私の体は二人のお漏らしでビチャビチャになりました


仕方ないので、二人を風呂場に連れて行き二人に体を洗わせました


体を泡だらけにしてボディ洗いさせました


洗い終わって床を掃除させ、そこに二人を四つん這いのままお尻を付き合わさせます


先日購入しておいた双頭バイブを二人のオメコにそれぞれ入れて、お互いに突かせあいさ
せます


横から二人のクリトリスを擦りお手伝い・・・二人とも目をトロ~ンとさせて、悶え狂っ
ていました


二人がそれぞれイッタのを確認して、彼女を上に乗せ騎乗位で挿入・・・
友達は私の顔の上に座らせ、顔にオメコを擦りつけさせます


舌でクリトリスを刺激し、オメコの中に突っ込んだりと・・・愛液が大洪水しています


彼女は騎乗位で挿入されながら、自分でクリトリスとおっぱいを揉んで感じています


彼女が絶頂に達したのか、急に動きが止まり体をヒクヒクさせていました


今度は友達を四つん這いにしてバックから挿入・・・そして彼女のオメコを舐めさせまし



彼女のオメコには愛液を私のガマン汁が混じっています

それを綺麗に舐めさせました


そして上半身を持ち上げ下から突き上げるように、奥まで突っ込んであげます


友達は狂ったように悶えています・・・全身をピクピクさせながら・・・
そのまま突き続けていると、友達は叫び声をあげて崩れ落ち痙攣していました


私はそのままバックで突き続け、最後の一突き!!奥まで突っ込んで中に大放出してあげ
ました


来週の週末もここへ来るように友達に・・・彼女には来週は同居人もここに居させるよう
に言いつけ帰りました


同居人は好みじゃ無いので抱くつもりはありませんが、二人とやってるのをどんな顔で見
るのかが楽しみです


また隣に行ってオナニーするんでしょうか・・・