31132

台湾から来た留学生と仲良くなり、

時々一緒に飲みに行くようになった。


雰囲気はローラチャンみたいな感じ。


年齢は20になったばかり。

私は、ほぼ2倍の年齢(--;)

以前「肩がこる」という話を聞いて、

軽く肩のマッサージをしてやったところ、

毎回肩~首のマッサージをねだられる程度の

スキンシップができるようになっているが、そ

れ以上の接触はなかった。



その日はワインが飲める店に行き、

普段より少し早めに飲み始め、

かつ、彼女は普段より飲んでいた。


いつものようにマッサージをねだられたので、

「今日は気に入りそうなものを持ってきた」といってスライブを見せた。


スライブは電動マッサージ機なのだが、

コンセントから電源を供給するタイプである。

 

「コンセントがないから使えないよ~忘れてた?」と、

彼女に突っ込まれるが、これは想定内。


彼女はカラオケも好きなので、

「カラオケボックスならコンセントあるし」

ということで、店を出た。


彼女はかなり酔っていた。


「マッサージチェアなんかもあるところがあるんだよ」と言ったら、

「そこがいい」というので、ラブホへ(笑

そもそも彼女にラブホという概念がなく、

すんなりとパネルから

「マッサージチェアつき」という部屋を選んで入る。


結構大きな部屋で、いきなりベッドがある感じではなく、

マッサージチェアと大型テレビのある部屋の片隅にベッドがある感じ。


彼女は部屋の探索をはじめ、

「お風呂まであるよ~うちよりずっと大きい」

と無邪気にはしゃいでいる。


まずはマッサージチェアを堪能する彼女。


「う~~ん。

気持ちいいね」

と満足そうな声だけでも期待が高まってくる。


加えて、ローラチャン同様、貧乳系と思っていたが、

マッサージチェアの振動にあわせてプルプル振動する胸は、

思ったよりありそうな予感。


マッサージチェアとカラオケを堪能した後、

スライブも試そうということで、

マッサージをしてやることになった。


いい加減酔っ払ってる上に、

完全にリラックスしているためか、

あっさりベッドにうつぶせに。


背中、肩とスライブを使っていると、

アルコールの効用もあり時々居眠りするようになった。


そこでスライブをやめ、背中をさするようにゆっくりとほぐしていくと・・・

ついに熟睡。


起きそうにないことを確認して、

服の上からブラのホックをはずす。


起きない。


頬をつついても 起きない。


まずはズボンを脱いで、彼女を仰向けにする。


ブラウスのボタンを3つはずすと、思った以上の谷間が。


耳に息を吹きかけても起きないので、

足をやや開かせ、スカートを腰までたくし上げる。


これも起きない。


半開きの口に舌を入れると、

条件反射で、彼女の舌も動く。


ここでスライブの電源をいれ、

弱で彼女の下着の上

半覚醒になったところで彼女の口に舌を突っ込み、

激しく舌を絡ませる。


すると、わけが判らないまま反射的に腰を振り、

舌を絡ませてきた。


もっとパワーをあげると、さすがに目を覚ました。


悶えながらスライブから逃れようとするが、

上から押さえ込んでいるのでまったくよけられない。


悶えまくるのを眺めながら、耳を攻める。


耳は弱点らしく、激しく痙攣する。


ここで胸を持ち上げるようにしてブラをたくし上げると、

ホックが外れているため、あっさりブラは首元へ。


服の上からでもわかるくらい、

乳首が立っている。


服の上から強めに乳首をつまむと、

激しく全身を痙攣させながらイッタようである。


そのままブラウスのボタンをはずし、胸をあらわにする。


想像したより大きい。


大きさ、形ともビビアンスーくらい。


乳首を吸いながら下着に手を入れると、もうぐちょぐちょ。


クリを指でなでると激しく反応する。


彼女にも私のを握らせてみたら、抵抗なく握った。


一気に硬くなり、先走りも出てきた。


一気に挿入したいところだが、

じらすように浅いところでピストン運動を繰り返し、

なじんできたところで

すこしずつ深く入れていく。


途中、上に逃げようとしたので、

肩を押さえてゆっくりと、

しかし奥まで入れる。


激しくのけぞる彼女。


少し痛かったっぽい

(中国語がわからないのですが、それっぽい感じ)

ので一番奥まで入れた状態でしばらくとめる。


締まりはかなりいい。

というか痛いくらいに締めてくる。


動くとすぐにいってしまいそうだったので

乳首を舌で攻めながら片手はクリに、

動きはごくゆっくりにする。


それでもそう長くは持たず、あまりの締め付けに、

私もこれまでにないほど大量の精液をぶちまけてイッた。


彼女と自分のを拭くと、うっすらピンクに。


聞けばキスの経験もまともになかったという・・・

正直なところ、少々罪悪感に苛まれたのですが、

逆に彼女はさばさばしてました。


性的なことには興味があったらしく、

お互いに渡りに船だった、

ということかもしれません。


その後、彼女には同年代の彼氏ができたのですが、

気持ちいいことをお互いに探求する研究会、

と称して週に1回は会っている。


彼氏が遠慮して手を出してこないからその代わりらしい(w

かつ、彼とそういう関係になっても、

彼には恥ずかしくていろいろお願いできないから、

研究会は続けたいらしい(w。


目的が目的だし、最初がややアブノーマルだったので、

気持ちよさそうなことなら何でもありで、

基本Mで、いじめられると興奮するタイプ。


Sの気が強い私には最高の相手です。


ちょっとスレ違いかも知れませんが、

酔ってのことなので書かせていただきました。


長文失礼しました。