gaijin_4440-080s
もう、30年近く前の昭和末期の事だ


マルコス政権が倒れ、アキノ政権になったフィリピンに赴任したのは25歳の10月だった

マニラに程近いモンテルンパという旧日本軍が囚われた場所に宿舎があった

身の回りの世話は2人のメイドがしてくれたが、驚いた事に、キャスと名乗る子は13歳、ジョアは11歳だった



とても可愛い彼女たちは、たどたどしかったが日本語が話せた

掃除、洗濯、食事など、甲斐甲斐しく働く彼女達にチップを渡そうとすると、
「普通の仕事でお金を貰うと叱られるから・・・」
と言った

「普通の仕事?普通じゃない仕事ならお金貰ってもいいの?」

学校に行けてるのかもわからない働く可愛い彼女達に何かしてあげたくてきいてみると、キャスが、
「じゃあ、今夜、私がお兄さんと一緒に寝るから、お小遣い下さい


と言ったので、もしかして少女売春か?と思った

 

キャスは9時頃私の部屋にやってきて、案の定裸になってM字に脚を拡げて肉穴を見せた

既に茶色に形成された肉ビラに囲まれたキャスの肉穴は、肉棒の味は知ってるから遠慮しないでと俺に訴えていた

俺は裸になって、今後も膨らみ続けるだろう乳房を揉めば、キャスは俺の肉棒をやさしく撫で始めた

クンニをしたキャスの肉穴は既にトロトロに濡れていたが、クリを転がした時の声が13歳とは思えない色っぽさだったのでずっと舐めていたら、
「お兄さん、もう、スティックが欲しい・・・」
と言われて、そこでコンドームの持ち合わせが無い事をキャスに話すと、
「中で出さなければ、O.K.よ


と言ったので、遠慮なく生で入れた

13歳、日本人なら中学1年生の少女の膣は、狭くきつかったが、愛液を溢れさせて肉棒の快感にウットリと目を閉じるキャスは、さっきまでの可愛い少女の顔ではなかった

「ハアン、ハアン、オウ、オウ、オ、オ、オ、オ・・・・」

キャスの腰は俺の腰の動きにシンクロしていて、完全に快感を求めている事がわかった

13歳の少女の淫らな痴態に興奮して、10分で果ててしまった

吐き出された精液をかき集めるようにして、ティッシュで始末したキャスに手を引かれ、シャワー室に入った

キャスは、俺の体を丁寧に洗ってくれた

特に肉棒は念入りに洗ってくれたので、再びムクムク頭をもたげた

ニッコリ微笑むキャスが、2回戦を求めている事が理解できた

その夜、13歳の少女と2度目の交わりを果たし、共に眠りについた

翌日、キャスが要求したお小遣いは、日本円にしてたった千円だったと記憶している

 

週に3,4回キャスを抱くこと約1ヶ月、キャスは、
「ボーナスくれたら、もっと素晴らしいことが経験できます

いかがですか?」
と言ってきた

「ボーナスは一晩でいつもの5倍です

「素晴らしい事って何?」

「ジョアの11歳のヴァージンをいただく事です

 

その夜、ジョアがやってきた

白いシャツに紺のスカートという、日本の小学生風のコスプレで登場してきた

まるで純真無垢な可愛い小学生だった

シャワーを浴びたばかりなのだろう、ほんのりと石鹸のにおいがした

スカートをまくり上げ、白いパンツを脱がせると、無毛の股間に一筋のワレメが現れた

両膝を持って脚を左右に拡げると、ほんの少しワレメが拡がり、ピンクの柔肉が覗いた

中指と人差し指で更に拡げると、うっすらと濡れて光っていた

舌を近づけて、ゆっくりと舐め上げると、甘酸っぱい少女の香りがした

幼いながらも硬くなってきたクリを転がせば、ジョアは身を捩りハアハアと息が荒くなった

ジョアは感じて、幼い蜜を流し始め、体をビクビクさせて準備完了を告げた

肉棒の先端をピンクの柔肉の窪みに押し当て、ゆっくりとめり込ませた

「ア、アア・・・ンン・・・」

押し戻されそうな反力に対抗してグイッとジョアを引き寄せた

「エイクッ!アイヤア・・・」

ズリュリュン!と根元まで一気に入った

「グハッ・・・」

ギチギチの締め付けだが強引に、でもゆっくりと前後に動かせば、肉棒がワレメの肉を引きずった

「ギハァ、ヒハァ・・・」

日本人なら小学5年生の児童の切なそうな顔に興奮して、ドックン!ドクドクドク~っと幼壷に射精してしまった

11歳の女の子の無毛の肉穴から、イチゴミルクが流れ落ちた

 

それからというもの、キャスを週2回、ジョアを週3回抱くようになり、毎週5千円が飛んでいった

やがてジョアの幼膣がほぐれ、快楽に溺れるようになっていった

ジョアは、覚えたての快楽に、可愛いあどけなさと裏腹に性の疼きを癒したくなり、俺に刻み込まれた快楽に幼い身体が堕ちていった

 

やがて2年の任期を終え、モンテルンパを去るときがきた

キャスは15歳、素敵なレディ、体はすっかり大人になり、逝く事を覚えた

ジョアは13歳、出会った頃のキャスの年齢になり、完全に生を開発された体は少女っぽさの中にほのかな色気を滲ませていた

キャスはにこやかに笑って見送ってくれた

ジョアは・・・ポロポロ大粒の涙を流して、俺との別れを惜しんでくれた

俺も、ジョアの涙に負けて、ジョアを抱きしめて、泣いた・・・

戻った日本は平成に年号が変わり、バブルに湧いてはいたものの、昭和天皇崩御に煌びやかな行事が自粛ムードになっていた

俺は、尻軽な女子大生達と割り切った関係を楽しんでいたが、あの、幼くして肉棒の味を覚えたジョアの純粋な喘ぎを思い出し、可愛いジョアの幸せな行く末を願っていた

 

バブルがかげりを見せた頃、俺も結婚した

妻は美人ではないが、幼顔で純情、面影はジョアに似ていた

下の子供も成人し、親の役割の大半を終えた今、ふと41歳になったキャスと39歳になったジョアを想った

もう一度会うことは難しいから、せめて二人の天使との思い出を活字にしてウェブ上に残しておこうと思った

 

53歳のオヤジの遠い思い出として・・・・・