外国1
場末のバーで店長をやっていた時の話です。

当時働いていた飲み屋街にはタイ人、ロシア人、フィリピン人が働いているスナックがありました。

その店にはいろいろな噂があり、検証するために仲間3人と飲みにいきました。

噂というのは

①店の奥にベッドルームがある


②店内で抜いてくれる


③金を払えば好きな女の子をお持ち帰りできる


というものでした。




店に入ると他に客はいなく、

一番奥のデカいBOX席に案内されました。



程なく女の子が席に来て、

自己紹介をしました。



女の子は全てタイ人で3人付きました。



乾杯の後、

ダラダラと話をしていましたが早く噂の真相を知りたくなった仲間の1人が


『奥にベッドがあるんだろ?』


と直球の質問をすると女の子たちはタイ語で少し話した後


『ナイよ、

ナイ。



と言いました。



少し怪しい感じもしたんですが敢えて黙って納得します。



次に仲間が


『ここで抜いてくれるのか?』


と質問するとまた女の子たちはタイ語で少し話し


『ナイよ、

出来ないよ、

そんなことしたらみんなクビだよ』


やっぱり噂は噂だなと仲間と落胆しながら飲んでいると


『なんだ、

オマエたち抜きたいのか?これから風俗にデモ行くのカ?』


と言ってきたのでさっき質問をした仲間が少しキレ気味に


『そうだな。

お前らが抜いてくれないからこの後風俗に行くわ!』


と言うと女の子は


『風俗モッタイナイよ、

風俗でオカネ使うならココでヘネシーボトルいれろ。



と言うと別な女の子が


『マスター!オシボリ取って』


おしぼりが届くと丁寧にビニール袋から取出し


『早くヌゲ』


仲間は戸惑いと嬉しさからなんとも言えない表情で脱ぎました。



すでに半立ちのモノを丁寧に拭き、

おしぼりの入っていたビニール袋をコンドームのように被せ、



『早くソコに横にナレ』


仲間が横になった瞬間3人の女の子のなかで一番キツ目のランちゃん(東南系より南米系に近い、

濃いめの顔)がパクっと咥え、

いきなり全力で首を上下に動かし始めました。



仲間は気持ち良いというよりも驚きの方が強かったのでしょう、

結局イクことはできずにその日は終わりました。









翌日、

私の勤めるバーに昨日一緒にスナックに行った仲間がひとりで来店しました。

(前日に咥えられていない方:ユウジ)


『今日もあそこに行かない?奢るからさ』


と誘いを受け、

私の店が閉店後に行くことになりました。



昨日とは打って変わり、

週末ということで満席でした。

しばらくカウンターで仲間と2人で飲んでいると昨日は見なかった女の子が私と仲間の間に入ってきました。



『ジュンです。

宜しくお願いします』


タイ人だが顔は日本人に近く、

メイク・服装・髪型・体型、

全てにおいて私のド真ん中でした。



日本語も前日の女の子たちと比べ、

流暢です。






私と仲間は顔を見合せ、

目でヤッターの合図を出します。



私と仲間は心の中で(こんな可愛い女がタダで咥えてくれるのか!)と思いながら酒を飲んでいました。



数十分後、

前日に入れたボトルが無くなり新しいボトルを入れるタイミングになりました。

ユウジは


『ヘネシー入れるよ』


多分ユウジは『ヘネシー入れる』をフェラの合言葉だと思っていたのでしょう。



しかしジュンは


『わかったヨ』


とただボトルを持ってきただけでした。



ユウジはそれからも下ネタ会話でなんとか咥えて貰えるように頑張っていましたが結局、

閉店時間となりこの日は帰りました。



 私とユウジはその日を境に週2~3のペースでそのスナックに飲みに行くようになり半年位経ちました。



ユウジはジュンを諦めて他のタイ人に夢中になり、

私も当初の目的《咥えてもらう》はどうでもよくなり、

ただただジュンに会いに行くのが楽しくなっていました。



さすがに半年通うとジュンも少しは心をゆるしてくれ、

お互いのプライベート話をしたり、

軽いボディタッチをする位の仲まで発展しました。






ジュンが


『今日ワタシ早く帰れるだからどっか飲みにイクか?』


私は断る理由が無いので


『勿論OKだよ』


と答えると


『12時終わるからそれまで違うところで飲んでイテ。

店出たら電話するカラ』


私は


『じゃあ近くの〇〇居酒屋にいるから』


と答え、

店を一足先に出ました。






30分後位に電話がなりジュンが


『少し遅れるから、

もう少し待てる?』




『いいけど、

お店がどこも閉店になるよ』


ジュン


『うーん、

なんとかするから待ってテ』




『わかった』


で電話が終了。

そこからさらに1時間程待っていると居酒屋のマスターに


『閉店だよ』


と言われ、

勘定していると居酒屋の扉が開き、

そこにはジュンがいました。



ジュンは


『間に合ったナ、

じゃあこれから飲もう』




『もうやってる店がないよ、

今日は諦めるから次にしよう』


勘定を済ませ、

外を歩きながら会話しました。



ジュン


『今日は他の女の子はマスターの家で飲むって言ってたから私達が住んでる寮に来ていいゾ』


(ジュンたちはスナックが用意したマンションを寮として借りていて5人で生活している)




『いいの?行く!』








マンションはスナックから徒歩3分のところの雑居ビルの4階にあり、

4階丸々1フロアを改築した感じで大きいリビングが部屋の中心にあり、

周りに個人部屋とトイレ、

風呂がある造り。






リビングを抜けジュンの部屋に行くと布団が敷いてあり、

他には洋服が少しあるだけでテレビも無いシンプルな部屋だった。






ジュン


『座ってテ、

今、

お酒持ってくるから』


とリビングにいきました。



『オー、

お酒なんにもナイよ』


と声がしたので私もリビングに向かうと


『カズ、

お酒、

コンビニで買って来て』




『わかった』


と答え買いに行き、

戻ってくるとジュンはネグリジェ?キャミの長いヤツ?と下はパンティのみの格好で出迎えてくれました。



私がジュンをガン見しているとジュンは


『あんまり見るな!恥ずかしいダロ。

でも似合うか?』


と。



『似合うよ。

可愛い』


と答えると


『嬉しい』


と私の首に手を回し抱きついてきました。

私は直ぐに買ってきた酒を床に置き、

両手でジュンのお尻を鷲掴みしました。

するとジュンは私の耳元で


『せっかくお酒買ってきたから呑もう』


と小声で囁き、



『行こ』


と私の手を握り、

部屋に連れて行きます。









手を握られ部屋に着くと布団の上に2人向かい合うように座り、

買ってきたビールで乾杯しました。



しかし私の目の前にはほぼ裸の自分好みの女がいる。

理性を保つのがやっとの状態です。

しかしジュンは至って普通にビールを飲んでいます。

たまにジュンが姿勢を変えるとパンティのきわどいラインから毛がチラチラ見えたり、

ブラが少し大きいのか?乳首が見えます。



そんなギリギリの状態で話をしているとジュンが


『私はカズが好きになった。

多分カズも私のこと嫌いじゃない。

でもカズには彼女がいる、

私はタイに旦那がいる。

でも今は日本にいるから旦那と会えなくて寂しい。

でも来月にタイに帰って旦那と別れる。

だから私の遊び相手というか、

友達になって欲しい。






私は驚きました。



まず、

ジュンが結婚していたこと。

(ジュンは当時25歳、

私21歳)これは今まで聞いたことがなかった話。

次に別れるという話。

寂しさを感じるなら別れなければいいと思ったけど黙って聞いていました。

ジュンは


『ワタシ正直に話すからカズも答えてほしい。

恥ずかしいけど私は2年Hなことしてない。



私は


『ジュンは可愛いからいっぱい告白されるでしょう?』


『昔、

店で知り合った人と一回だけHなことやったケド病気になった。

今は治ってるからな。

アハハ。

だから怖くなった。

カズは病気じゃあないだろ?』


『うん』


ジュン


『だからして欲しい。



『わかった。

じゃあ俺からもお願い。

痛いこと、

汚いことは絶対にしないし、

ジュンが嫌と言ったことは絶対にしない。

だからHの間は俺の言うことを聞くこと。

わかった?』


ジュン


『わかった。





『わかったじゃあないよ。

わかりました、

だよ。



ジュン


『わかりました…。

なんか恥ずかしいナ』





私はジュンに全部下着を脱いでと言いました。

ジュンは電気を消してと言いましたがさっき約束したので消しません。



ジュンに自分で両足を持たせ、

M字開脚をさせ、

じっくりと陰部を見ます。

ジュンは


『恥ずかしいな。

早く触ってヨ。



『やだ。

もう少し見る』


3分程見て舌でクリをチロっと舐めるとジュンは


『あー。

あー。

キモチイぞ。



仕事終わりだから匂うかと思っていたがどうやらコンビニに行っている間に陰部だけ洗ったらしく石鹸のイイ匂いがした。



私は次に指でクリを少しいぢり、

穴を少し広げ、

中を見るとヌレヌレです。

中指と薬指を入れ、

潮を吹かせようと激しく動かすと


『キモチイけどなんか変だ!オシッコ出るぞ。

汚いからダメ!』


少し怒り口調になったので指を抜き、

今度はアナルを責めようと愛液を小指にたっぷり塗り、

いざ挿入。

嫌がると思ったがすんなりと小指は入った。

次に中指を入れようと小指を抜くと


『あっあっ』


と声を出すのですかさず中指を入れようとアナルに当たった瞬間に


『ダメ!そこも汚いから』


とNG。



そこからは変態プレイは封印し、

ノーマルで射精(ゴム無し、

腹出し)。

途中ジュンはあまり声も出さずあまり楽しいプレイではなかったが好きな女を抱いたという意味では満足だった。



全てが終わりティッシュで処理していると


『さっきオシッコ出そうになったやつキモチイな。

そのままやってたらオシッコ出たかな?やってみるか?』


私は心の中でガッツポーズ。



『じゃあお風呂でやる?』と言うと


『それイイナ、

お風呂に行こう』


と2人全裸のまま風呂を目指し歩いていると玄関から『ガチャガチャ』と音がして私とジュンは固まりました。

扉areが開くとジュンと同室仲間2人がいました。

ジュンの仲間(ランちゃんとマミちゃん)が


『オーゴメン、

カズ、

ジュンとHしてたのか?ジュン、

気持ちよかったか?』と


ジュンはまだ固まったままです。

するとランちゃんはいきなり私を押し倒そうとします。

私は初めは抵抗しましたがこのまま倒れた方が面白いかもと考えてあっさりと倒れました。

ランとマミは2人でタイ語での会話をして何かをジュンに確認しています。

ランに上半身を押さえられ、

脚はマミが押さえています。

ジュンが


何かを確認できたのか、

『わかった。



と日本語でしゃべりました。

するとランが『カズ、

私もHしたいよ。

いい?ジュンはイイって言ったよ』


ランの息はかなり酒臭く酔っているのは明らかでした。

私は困惑し、

ジュンを見ると私に向かって両手を合わせ、

お願いのジェスチャーをしています。

正直ランちゃんはNGだったのですがマミちゃんは小柄で可愛いかったので


『ジュンがいいならいいよ』と答えました。



するとランが


『マミ、

ワタシ先に入れるから先にシャワーしてきな。



マミは


『わかった。



と足を放して、

私たちが行くはずだった風呂へ入って行きました。



ランはカバンからゴムを取出し、

股間に装着しました。

私はすでにビンビンに回復してました。

ランはスカートを捲りパンティを少しずらし、

いきなり挿入してきました。

多少は濡れていますが所詮はオリモノなのであまりヌルヌル感はなく気持ち良くありません。

私はジュンを呼び顔の上に跨がせました。

少しは気が紛れるだろうと思ったからです。



ジュンとランはそれぞれ喘いでいます。



私は2人に


『キスしながら乳首触り合いしなよ』


と言うと、

またしてもタイ語でヒソヒソ話の後にジュンがウットリとした顔になりキスを始めました。

私はその光景をもっとハッキリと見たくなりジュンを顔から下ろし、

私の右手で陰部を責めれる場所に移動させました。

2人はキスをし、

見つめ合い、

乳首を弄られながらアンアン言っています。



しばらくするとランが


『気持ちな!イクわ!』


と言って果てました。



私はランではあまりイキたくなかったのでジュンを移動させ挿入し、

座位で射精を迎えました。

ジュンもさっきより興奮しているようで私の股間はびしょびしょでした。



一通り満足したランは


『ワタシも風呂に行ってくる。

カズ、

帰るなよ。



と言い残し風呂に向かいました。



風呂からはランとマミがふざけあっているようではしゃいでいる声が聞こえます。






私とジュンは何故か抱き合い、

お互いに愛してるよとか好きだよと言いながら抱き合っていました。






するとランとマミが風呂から出てきて


『カズ、

今日は8時まで帰さないよ』


と言われ、

本当に7時50分位までヤッテました。



合計7発。

最後まで射精はしたけどかなり疲れました。



その後ジュンと気まずくなり店に行かなくなりました。

聞いた話によるとあの夜の2週間後位にタイに帰ったらしい。






しかし!偶然にも先週自宅近くのスーパーでジュンを発見!見た目全然変化なく可愛いかった。



少しだけ会話したら今はマミがママで小さなスナックをやってるらしいので今週末にでも突入してきます。