img009_201403170505241cf
僕には英語力も文章力もないです・・。

そんな僕が、

この前新宿に友人と行った時に外人と話すはめになったんです。

友人と2人で駅近くの路地裏をペチャクチャしゃべっていると、

2人の外人の女の子が何やら困った様子で話していました。



金髪のスラッとした髪の女の子と、

茶髪でショートヘアの女の子でした。

年は18歳位に見えました。


「やっぱ外人の若い女の子は可愛いなぁ」と友人とボーッと見惚れていました。

でも、

こんな子たちはアジア人なんか恋愛対象にもならないんだろうなと憂鬱になっていると、

突然話し掛けてきたんです。

もちろん思いっきり英語。

まったく聞き取れなかったです。

この時ほど英語を勉強しなかったことを後悔したことはありませんでした。

友人も得意じゃないので2人でタジタジ・・。


「へ?あ?イエス・・・イエス」と連呼しているだけなので、

女の子たちもハァと呆れてしまいました。


でも『原宿』という単語だけは聞き取れたので、

2人が原宿に行きたいことだけはわかりました。

身振り手振りを交えて「原宿に行きたいの?」と聞くと、

「Yeah!」みたいなことを言ってくれて、

話が通じたことに感激しました。

とりあえず僕らは2人を駅まで案内して路線図で説明することに。

今思えば、

英語でも書いてあるし、

記号みたいのを教えればよかったのですが、

テンパってたので片言で説明しました。


必死になってしばらく説明してると、

何やら「一緒に原宿まで行かない?」みたいなことを言ってきました。

英語の意味を理解した僕らのテンションは急上昇しました。

原宿までの電車の中、

僕と友人は下手くそな英語を人目も気にせずしゃべり続けました。

知ってる英単語とジェスチャーで、

なんとかコミニュケーションを取ろうと頑張ったんです。


話によると2人ともイギリス人。

金髪の方が『ミシェル』で19歳。

茶髪のコが『メリッサ』で18歳だそうです。

日本には観光で2週間滞在するようで、

今日は3日目。


僕的には茶髪の方が好みでした。

胸はないけど日本人の女の子なんか目じゃないスタイル。

目も綺麗な蒼色で透き通っていました。


その後、

原宿でお茶をして滞在先のホテルを教えてもらいました。

実は僕はその時童貞で、

(まさかの外人で筆おろし!)なんて妄想してました。

その日はもう上の空。

帰り際、

思わず本屋で英会話の本を購入してしまいました。


それから1週間・・・。

彼女達のことはもうとっくに忘れていました。

そんな僕がバイト帰りに駅前をポソポソと歩いていると奇跡が!
なんとあの子達と遭遇したんです。

僕が「あ・・・」と驚くと、

すぐに2人も僕に気づきました。

こっちを指差し、

駆け足で寄ってきたんです。

かなり嬉しかったです。

だって僕からしたら次元が違う可愛い白人の女の子が、

日本人だらけの中で僕を目指して駆け寄ってくるのですから。


必死に覚えた英会話で軽く挨拶。

文法とか間違ってたと思う。

でも彼女達は馬鹿になんかせず、

笑顔で一生懸命に僕の話を聞いてくれました。

そこで僕は、

2人に日本の素晴らしさを教えてあげようと思い立ちました。


「案内するよ」とジェスチャーと下手くそ英語で伝えると、

2人は笑顔で顔を見合わせ「Whooo!」と叫びました。


普通の日本人なら、

酒でも入ってない限りこんなテンションついてけないですよね。

でも、

その時の僕は違いました。

バイト明けで疲れてたけど叫びましたよ、

「Whoooooo!」って。


まずはゲーセンでUFOキャチャー。

その後、

イニシャルDで盛り上がりました。

それからお好み焼き屋へ。

初めて食べるようでちょっと抵抗があったみたいですが、

僕が勧めて食べさせると「オイシイ!」と絶賛してくれました。

まだ少しお腹が減っていたので、

近くのコンビニで僕の定番『焼きそばパン』と『イチゴミルク』を買って食べました。

これも好評。

彼女たち2人以外は日本人だらけの駅前で、

僕らは笑いながら遊びまくりました。

もう言葉の壁なんかとっくに無くなってて、

言いたいことはたぶん伝えられました。

すごい楽しかったです。

友人には申し訳ないけど。


別れ際、

「ヒデーー(僕の名前)」と言ってミシェルは抱きついてきました。

そのまま口にチュッとされて、

チラッとメリッサの方を見るとなぜだか悲しそうな顔をしてました。

そしてメリッサとも、

その後軽くハグ。


「電話してよ」と僕の携帯番号の紙を渡しました。


それから2日後。

僕の携帯が鳴りました。

メリッサでした。

喜んで電話に出ようと思いましたが、

肝心なことに気づきました。


(電話じゃジェスチャーができない・・・)

それでもなんとか会う約束をとりつけました。

そして僕は彼女に滞在しているホテルのロビーまで行きました。

するとメリッサが出てきて、

なんと「部屋に来なよ」と誘われたのです。

僕はドキドキしながらついて行きました。

ミシェルは1人で東京タワーに行ってるらしく、

メリッサは具合が悪いとホテルに残ったようです。


そんなことを普通に話してたんですが、

部屋に入ると急にメリッサが抱きついてきたんです。


「え・・・」と硬直するしかない僕。


そしたら「ヒデ・・・」と、

いきなりのディープキス!
こんなことが起こるのかと、

一瞬たじろいだ僕でしたが、

生まれて初めてのディープキスに心を奪われました。


「ん・・・ん」とお互い激しく舌を絡ませ合い、

メリッサは上着を脱ぎ始めました。


僕も急いで脱ぎます。

ブラジャーを外すと小さな乳首が露わになりました。

童貞の僕がただただ見惚れていると、

「どしたの?」って顔で見てきます。

愛想笑いを返して僕はズボンを脱ぎました。

これでお互い全裸。

全裸のまま、

さっきと同じように抱き合いディープキス。


服を着てた時とは明らかに違う肌と肌が触れ合う感触・・・。

勃起した僕のアレは彼女の茂みに当たってます。

それに気づいた彼女はニコッと笑ってフェラ!
それはかなり激しいもので、

童貞の僕は、

「メリッサ・・・!ストップ」などと言ってイキそうなことを伝えました。


すると、

メリッサはチンポから口を離しベッドにダイブ。

つられて僕もベッドに行くと、

彼女はそのまま覆いかぶさってきて騎乗位の体勢になりました。

童貞卒業ーーーー!
僕のアレはズププと濡れた彼女のきれいなマンコに入りました。


「はぁぁぁん」

メリッサは色っぽい声を出して激しく腰を振ります。

僕も負けてはいけないと乳首を弄ると英語の喘ぎ声で感じてました。

僕は一度彼女の中から抜くと正常位で挿入しました。

やっぱ初射精はこの体勢でしょ、

って思ってたので。

そのまま激しく出し入れするとメリッサは口を噛み締め苦しそうに喘ぎます。


「ん・・・あああん!!」

そしたらなんと、

そのまま中に出していいとのサインが。

そのまま2人で果てました。

ベッドで裸で抱き合いながら話したんですが、

メリッサは性欲が溜まっていて我慢できなかったそうです。

なんでも、

ミシェルとバイブを使ってレズプレイをしたらしいんですが、

「やっぱ男がいい」との事。


僕が真剣な顔で、

「アイラブユー」と言うと、

「オーー」と言ってまるで赤ちゃんを抱き締めるように僕を包んでくれました。


でも、

あと4日ほどで彼女ともお別れと思うと急に悲しくなってきました。

僕が強く抱き締めると、

彼女もさらに強く僕を抱き締める・・・。

こうやって1時間ほど抱き合ってました。


それから彼女が裸で立ち上がり、

机の引き出しからバイブを出しました。

僕が「はは」と笑うと、

「笑うなー」と。

椅子に彼女が座りM字開脚。

ぜんぶ丸見えだよ・・・。

考えてみれば、

ちょっと前は憧れだった外国人の女の子が、

今は自分の前でこんなあられもない格好でバイブを欲しがってる・・・。

彼女のはもうかなり濡れてて、

太ももまでいやらしく垂れてました。


バイブを19歳の女の子の膣にヌルッと挿入。

スイッチを入れると激しくよがりビクッと体を震わせてて、

それが愛おしくてたまりませんでした。

無理やり奥まで入れて回転させると「ああああん!!」と叫び、

僕に抱きつき、

すぐにイッてしまう彼女。

別れたくない・・・。

愛おしくてまた抱き締めました。


帰国当日、

空港まで送りに行ったんですが、

お互い涙で別れを惜しみ抱き合いました。

そして昨日、

メリッサから手紙が届いたんです。

頑張って急いで返事を書こうと思います。


この前まで童貞だったのに、

僕は今、

国際恋愛真っ最中です。