blode0416012
仕事が終わって職場を出た直後に外国人が俺に話しかけてきた。

年は25歳位(に見えた)、金髪で背は大して高くなかった(165cmほど)。

顔は美人というレベルではなかったが、キュートな感じで肌の色が滅茶苦茶白くて、夜だったのに際立っていて驚いた。

かなり拙い日本語だったが、彼女の言葉は辛うじて聞き取れた。

「道を教えて下さい」

そう言って地図を差し出したのだ。

私は英語など出来ない上に、彼女も日本語が出来そうにない。

とにかく誠心誠意、自分が分かる事は伝えようと地図を見てみると、幸い私の知っている場所だった。

言葉で説明しようと思ったが、どうにも上手く英語が思い浮かばなかった。

考える事が面倒になり、彼女に

"I go with you. Follow me"

と、合っているんだか間違っているんだか、それすらも分からない英語で話しかけると、理解してくれたのか、ニコッと微笑んで付いてきてくれた。


15分ほどの距離だったのだが、何となく会話が成立し、彼女が23歳でアメリカ人で、3ヶ月日本に滞在するというような事が分かった。

日本が好きとか言っていた気もするが、日本の何が好きかまでは聞き取れなかった。

そんなこんなで結構話が続いちゃったりしながら目的地まで辿り着くと、"Thank you"の言葉と素敵な笑顔を残して彼女は去っていった。

その時はそれっきりで、私も難局を乗り切った……。

そんな感じでさっさと家路についたのだが、驚く事に1ヵ月後に偶然再会するのである。

12月の初旬、俺が家に帰る為に東京駅へ行くと、あちこちをキョロキョロ見ながら歩いている外国人がいた。

いかにも日本に不慣れと言うか、色々興味深げに見ているようだった。

見た瞬間、あの時の彼女だとすぐに分かった。

そんな彼女がこっちに視線を向けた時、私の存在を認識したようで、トトトトっとこっちに駆け寄って来てニコッと笑いながら話しかけてきた。

私も初対面じゃなく2度目だし、しかもお互いのコミュニケーション能力が分かっていたから、ニコッと微笑んで"ハーイ"などと軽く言う事が出来た。

その後上手く会話が成立したか成立しなかったのかも分からない状態で食事をする事になったのだから人間というのは分からない。

相手の言っている事もあまり分からない、どんな人かも良く分からないでなぜ食事に行こうと思うのかが分からないのだが、それはそれで面白い。

結局八重洲の地下道で食事を済ませ、その後また拙い言葉で会話し、そこで別れたのだが、初めてココで互いの名と電話番号を教えあった。

彼女の名前はアンお酒が飲めない事(私も飲めない)も分かった。

電話番号を教えたのは良いのだけど、掛かってきても言葉が通じないのだからどうしようとか、そんな事ばかり考えていて数日が経ったのだが、遂に彼女から電話がかかってきた。

"何で電話してくれないのか?"

そんな内容のようだったが、そんな直ぐに英語が上達するはずが無い。

いつもの様にわかったようわからないような感覚で話し、その次の週末に会う事を約束し電話を切った。

12月の中旬遂に俺と彼女はデート(?)したのだ。

バイクで彼女を迎えに行き、密かに買っておいたヘルメットを渡すと滅茶苦茶喜んでくれて、笑顔で後ろに乗ってくれた。

目的地は高尾山である。

2時間ちょっとの行程だったが、流石に結構寒く、彼女も私にしがみつきながら寒い寒いと言っていた。

勿論途中何度も休憩しホカロン等を買ってあげたのだが最後まで寒い寒いを連発していた。

しかしそれでも別に帰りたいとか言っている訳ではなく、ニコニコしながら私に話しかけてきた。

申し訳ない事に半分も分からないんだけどね。

リフトで山の途中まで行き、後は歩いて頂上まで行ったのだが、流石に山を歩いていると暑くなってくる。

高尾山は神社とかが中腹にあって階段がやたらと多い場所があるのだ。

そこで彼女が上着を脱いだのだが、余りのスタイルの良さに驚いた。

最初書いた通り背は165位なのだが、出る所は出ていて、かなり締まった鍛えているんだろうなと言う感じがした。

勿論長袖のTシャツの上からだったら詳しくは分からなかったが。

そんなこんなで頂上に着いた我々は、ミネラルウォーターを飲みながら休んでいると、彼女がしきりにサンキューと言いながら話しかけてくる。

"日本に来てからあまり人と話せなかったから嬉しい"というような内容だ。

そしてそこで何とキスをしてくれた。

唇に。

いきなりでちょっとビックリしたが、正直嬉しかったから私からもキスをした。

その後はなんとなく会話もたどたどしくなったが、俺は思い切って

"You can stay with me today?"

と聞いてみた。

俺は未だにこの英語が合っているかわからないが、彼女はちょっと驚いた顔で俺を見て"Yes"と言ってニコッと笑った。


とにかく良く笑う子で、そこが実に魅力的である。

山を降りた後相模湖の方に足を伸ばし、湖でボートに乗ったりした後、暗くなってから湖畔のホテルに入った。

1番良い部屋(ラブホテルだけどね)に入ると彼女は広さに喜んだのか子供の様に遊んでいたが、一緒にお風呂に入ろうと言う段階になると急に大胆と言うか大人になり、逆に私が驚いた。

サービス満点と言うか何と言うか、凄いテクニックだった。

彼女の身体は想像したとおり非常に綺麗に締まっていて、その身体を駆使して私を楽しませてくれた。

お風呂では彼女がとにかく私に奉仕してくれて、あえなく撃沈してしまった。

白い肌青い目キュートな顔立ちの彼女が、私の目を見ながら私のアレを咥えてくれている姿を見たら、それだけで良い気分になり、更に私の太腿・上半身にも絶えず触ってくれて本当に最高だった。

余りの快感に彼女にサービスは出来なかったが、それはベッドに行ってからにしようと思いされるがままになっていた。

彼女のあそこは本当にピンクで、凄い綺麗だったし、お尻の穴も薄いピンク色で今まで見てきた女性の裸で1番綺麗だった。

冗談抜きにこれ以上綺麗なあそことお尻の人っているのかな?って思った。

ベッドに行ってからは私も頑張った。

出来る限りのテクニックで彼女を楽しませようとし、長い時間かけて前身を舐めたり噛んだり触ったりして楽しんだ。

彼女が感じるのはあそこを触った後ツツツーと指をお尻に当てた時で何度やってもビクっと弓反りになる為、暫く続けているとそれだけでいってしまい驚いた。

AVなんかでよく見て知っていた外国人の様に大声上げるでもなく、感じる時はうううううーーーーなんて呻くだけと言うのも、何か外国人の新たなる一面を知ったようでよかった。

私が1番感動したのは69になった時で、お風呂で見た考えられない位綺麗だったあそことお尻を舐めまくり触りまくった挙句、彼女の口攻撃に耐えられず撃沈した事で、その時は本当にそこで死んでも良いと思った程である。

私が出したものは何と飲んでくれたし、とにかく最高だった。

回復を待っていよいよ挿入となったが、意外や意外、緩いかと思っていたあそこだが、結構な締め付けで凄く気持ちよかったし、彼女も私の大きいとも言えないアレで感じてくれて嬉しかった。

とにかく2人とも、体力の限界まで触り・舐め・噛み・動物の様に過ごし、気付いてみたら空が明るくなっていて驚いた。

私は5回位いったと思うし、彼女も同じ位達した。

疲れ切った私達だったが、精神は妙に高揚していて、チェックアウトした後バイクでそのまま帰ったのだが、彼女は家に帰らず私の部屋に来て過ごす事になった。

帰国まで一緒に住む事になり、荷物も全部私の部屋に移動し、契約していた部屋を引き払ってきたのである。

一緒に住むようになってからの事はここで書かないが、俺は初めてのアナルセックスを経験する事になる。

そして驚いた事にそのアナルセックスは彼女のお尻処女でもあったのだ。

そんな訳でアメリカ人のアンが私の部屋に住んでいるのだが、正直未だにこの状況が信じられないと言うか、突然過ぎて身体は理解しても頭が追いついていないと言う感じ。

でも彼女は実に元気良くニコニコと家事もするし、2月までしか居られないと言う事もあり、精一杯無理にでも楽しもうとしているのが私的にはいじらしく可愛く思えてしまう。

ただ1つ困った事は、彼女の料理はアメリカ人だからか分からないが、ケチャップを多用するのが困ると言うか何と言うか…不味い。

アメリカ人と言うのは皆ケチャップをやたらと使うのだろうか?

ちなみにカゴメではなくハインツを使う所がこれまたアメリカっぽい。

私は親がもういないのだが、一人っ子であった為、財産として2LDKのマンションを遺してくれて、1人暮らしには十分過ぎる広さで、正直リビング以外はあまり使っていなかった。

だからアンが我が家に来ても全く問題ないし、明かりが点いている部屋が多くなり雰囲気が変わり、私としても嬉しかった。

相模湖のホテルで身体を合わせたとは言え、恋人なのか?と言われるとちょっと迷ってしまう関係だったから、我が家に来た当初はアンと私は別々に寝ていた。

SEXも毎日する訳ではなく、お互いの気が向いたらと言う感じだったけど、ここでもアメリカ人の積極さか、アンが私の布団に入って来る事が多かった。

外国人のコミュニティーに入っていく訳でもないし、普段も観光以外特にする事が無いみたいだし、淋しいのかなぁと思いつつ、布団に入ってきたアンを抱いていていると、やはり私も男だ欲望の象徴に力が入ってしまうのである。

そうなるとアンはいつもの笑顔で私を見ながら始めてくれるのだ。

なんか私が身体を求めるばかりでは無い事も嬉しいらしい。

本当は毎日でも私はしたいんだけど、どうしても遠慮しちゃうんだよね。

パジャマの上から私のアレを触る手つきは実に慣れていて滅茶苦茶気持ち良い。

直接触るより良いかもなんて思っていると、アンはパジャマを下ろして直接触る。

直接の段階になるとこれまた気持ちよくて最高!なんて思うから私は馬鹿だ。

サワサワ~っと微妙にお尻の穴に触れたり、太腿を触ったりで、この段階でこんな気持ちよくて良いのか!と言いたい位気持ちよい。

そこら辺まで来れば私も勿論反撃する。

アンは寝る時いつも何でかしらないがバスローブを着るのだ。

バスローブの下にはパンツだけだし、私にはありがたいけどね。

そのガウン買ってあげたのは私だから、もしかしたら嬉しかったのかも。

無印良品の4,000円位しかしないものなんだけどさ。

アメリカ人が皆そうなのか知らないけど、彼女はやたらとアチコチ軽く噛むのだ。

私も対抗してアチコチ噛むのだけど、それが物凄く気持ちよいらしい。

胸とかお尻とかじゃなく、脇とか首とか耳たぶとかでビクッと反応するとこっちも面白くなってふくらはぎとか足までも噛んだりする。

噛んでいるだけでかなり濡れてくるし、今までの私の性生活では無かったプレイだったから非常に新鮮で楽しいのだ。

濡れ始めたらパンツの上からあそこを攻める。

上述したが、アンは英語で台詞を言ったりしない。

ただ呻くだけで、身体も顔もピンクに染まるのが美しい。

首筋を噛みながらあそこを下着の上から触り、湿り気を確認しながら髪を撫でてあげると、もう我慢できないのか抱きついてくる。

この段階になるとキスの嵐だ!呻きながら私の上半身や顔にキスキスキスである。

濡れ具合も凄い事になってきたらパンツを脱がし、私も全部脱ぎドンドン盛り上がっていくのだ。

相模湖で知った感じるポイントあそ事お尻の穴の間をツツツ~となぞる攻撃でビクンビクンと感じながら私のアレを離さないアン。

少し余裕が出来ると繊細な攻撃で私のアレを舐め、刺激し続ける。

外国人のAVで見たような激しさは無いが、物凄く気持ちよい。

私もアンのピンク色したあそこを舐め、触り、見て楽しむ。

美しいピンク色のあそ事お尻は何度見ても飽きる事が無く興奮できる。

ピンク色のお尻の穴は特にそっち方面のプレイに興味が無くても気になって気になって仕方の無いくらいで、私は思わずちょっと力を入れて人差し指をお尻の穴に入れてみた。

その途端アンが仰け反りイッてしまったのだ。

余りにもあっけなくイッてしまったアンを見て驚いたが、相模湖で知った感じるポイントの事も考えると、実はアンの性感ポイントはお尻の穴にあるのでは?と思い始めた。

そうと分かれば話は早い。

そこからの攻撃はお尻中心に指入れ、舐めたりしていた。

汚いと思わないのかって?

汚いと思う方が無理さ。

こんな良い子で肌が真っ白であそこもお尻の穴もピンクなら、誰だって少しくらい汚れたって全然何とも思わないはずだ。

とにかく指をお尻に入れると直ぐにイッてしまうアン。

これならもしかすると、お尻に入れてもいいんじゃないかとも私は思い始めたのだ。

しかし私はお尻での体験など皆無でやり方がわからなかった為、思い切ってアンに聞いてみると、アンもした事が無いと言う。

でも恥ずかしがりながら気持ち良いとも言っていたから、お尻でしても良いか?って聞くと、ちょっと迷ってからコクリと頷いた。

うおおおお、私はなんという幸せモノなのだ!

キュートな外国人とHできただけではなく、一緒に住み、何とお尻の処女までもらえると言うのだから!

まぁでもやり方がわからないからその場は普通のHで燃えた。

アンを責める時はバックが1番である。

白い肌、形の良いお尻を見下ろしながら可愛い声を聞いているのが最高だ。

たまに手を繋ぎたいらしく呻きながら手を伸ばしてくるのもいじらしい。

とにかく1度始めると体力の限界までHをし、死んだように眠る為、何度か遅刻しそうになったが、それはそれで構わないと思っている。

だって2月までしか時間は無いし、こんな事って2度と無いだろうから。

いやぁ長くなってしまうものだ。

本当はお尻でのHを書きたかったのだけど、ココで止めておく。

また書くと思うから、その時は宜しくお願いします。