09
今から、5年位前の事ですが、ある日の仕事帰りに駅前の中国マッサージと言う看板を見て、ここ2週間休みがとれず疲れきってた自分は何気なくその店に入りました。

60分4000円程度で、普通のマッサージだと思い入店しました。

愛想の良い、五十代の中国人ママが対応してくれて、十分位待ってくれとの事。

前金で4000円払い待つことしばし…そうすると、ママが、もう少し女の子が時間が掛かるからママがマッサージをするとの事。

ママがマッサージしてる間はサービスだとの事。

ママにマッサージされる事30分…さっきの言い合いは収まり男は出て行ってからもう20分位たっていました。

疲れていた自分は、うとうとと落ちていました…一時間ちょっとして、目を覚ますと、30代前半の女の子がニコニコしながら椅子に座ってました。


女の子の名前はミキと名乗り、ママが、かなり疲れてるのね、イビキ凄かったよと、笑っていました。

時間もかなり過ぎていたので、着替えようとしたら、ママが、今日は暇だから、今からマッサージをスタートしてくれるとの事。

お礼を言うと、ミキは、ニコニコしながら、肩、腰、背中をマッサージしてくれました。

あまりうまく無いマッサージで、数分もすると、仰向けで、パンツを脱いでくれとの事。

パンツを脱ぎ仰向けになると、ミキも裸になり添い寝して来ました。

あそこはビンビンになっており、それを見たミキは、オチンチン大好きね!って言い、笑顔でくわえはじめました。

なかなかの巧さに、びっくりしながら、ミキのあそこを触ると、パイパンで、大洪水でした。

クリちゃんを触っているうちに、ミキは、上から生で乗っかって来ました。

腰をグラインドしながら、めちゃめちゃ感じまくっていて、勝手に一人でいってしまいました…今度は、上下入れ替わり自分が、正常位でピストンすると、ミキのあそこはギュッと締まり、自分は中に大量の精子ぶちまけました。

ミキに普通のマッサージじゃ無いのかと?聞くと、マッサージのお金は、自分には入らない代わりに、SEXやフェラ、手コキなどのサービスは全部自分の取り分で、その時の気分で、サービスと値段が代わるらしいが、何故かミキに気に入られタダでやれて、帰り際、ミキと携帯の番号を交換し、その後、半年位同棲しましたが、色々あり別れてしまいました。

今では良い思い出です。