20161211-3
最近よく耳にするけど、研修生の名目で中国やタイなどの国から若い人を連
れてきて、日本の最低賃金法で定める最低賃金以下の自給で安くコキ使って
る会社が在る。

私の前職の会社もそんな安価な労働力を求めて、自社のタイ
工場から何人も若いタイの女の子達を連れてきて、日本の工場で安く使って
いた。

研修期間は1年間だって。

私はその時、静岡の辺鄙な工場で単身赴任を
していたが、そこにも何人ものタイの女の子達が働いていた。

そこは何せ何
も無いド田舎で、まず車がないと全く生活出来ない。

そんな環境下で彼女達
は遠い異国から連れてこられて、鳥小屋みたいな狭い部屋に何人も詰め込ま
れて集団生活させられていた。

タイは敬虔な仏教国で、タイ人はとても貞操
観念が強かったのだが、前述の劣悪な環境が彼女達の貞操感を緩ませて、
色々楽しい思いをさせてもらった。

同じ屋根の下に暮らしていたが、私は2
DKの部屋を独りで占有していたが、タイ人は同じ2DKに、ひどい時は6人暮ら
していた。

飯付だったが、会社の飯はこの上なくマズく、「マイアロイ(=美
味しくない)」を連発していたっけ。

そんな彼女達と仲良くなるのはとても簡
単で、すぐに私の部屋に遊びにくるようになった。

私は都内に持ち家が在
り、妻子もそこに住んでいるので、当初悲しい単身赴任だったが、ある時か
らパラダイスに変化した。

(笑)タイ人の女の子達は総じて皆純粋であった。

H
をするのはかなり仲良くなった彼氏か、旦那さん・・そんな感じだったが、
環境が彼女達を大胆にした。

中でもサッチャンと言う子は胸が大きくって、
弾力が有って、エッチな感じで良かったなぁ。

あそこもとてもキレイ。

歳は
23とか言ってたっけ。

肌がスベスベしていた。

まぁ、色々な子と仲良くなっ
て、色々楽しませてもらった。

でもちょっと辛かったのが、タイ料理独特の
臭い。

料理がそうだが、彼女達の体や、ひどい時にはあそこからもその臭い
がした。

(苦笑)時は流れ、彼女達の任期が切れて、母国に帰る時(去年の3月
頃)、丁度私も転職する事になり、別れの時が来たが、沢山のタイのお土産を
もらった。

私も彼女達が喜びそうな安物の腕時計などをプレゼントした。

れから1年以上が経つが、今もママに内緒のプレゼントがクローゼットの奥に
隠してあり、たまにそれを眺めて懐かしんでいる。